王冠(金)SKIファミリーのライブ&最新情報をお届け致します♪

2015年06月23日

傷つけあうよりも愛しあおう


こんばんは。齋藤優里彩です。



6月23日、沖縄慰霊の日。
ほんの70年前。
日本国内唯一の地上戦で
20万人の尊い命が失われました。

戦争を経験してない者だとしても
武力は人に憎しみ、恨みを生み
また武力に繋がり...
それが繰り返されるだけの戦争は
絶対に良くないことは分かる。
だから風化させない事
同じ過ちが繰り返されない為行動するのが
残された者のせめてもの使命だと感じます。

それに対し危機感を持たなければ
と、強く思う今。

国会で毎日交わされる
安全保障法制という名の「戦争法案」
の激論。

一昨日、21日にも学生が中心となった
戦争法案反対のデモや
国会を包囲するデモが行われたそうです。
私も同じ気持ちの方と一つになって
もっともっと頑張らなければと、改めて。

理由は明確で
沖縄全戦没者追悼式での
辺野古新基地建設反対の決意に溢れた
翁長知事の「平和宣言」とても素敵でした。

それに対して
平和や安全の美辞麗句を並べるばかりで
何も心に響かない空虚な言葉。
だって、新基地建設を強行していることには
一切触れず
「今後も引き続き沖縄の基地負担軽減に全力を尽くす」って...
戦争法案を推進しながら
「この70年間、戦争を憎み、ひたすらに
平和の道を歩んできた私達の道のりに
誇りを持ち、これからも、世界平和の確立に向け
不断の努力を行っていかなくてはならないのだと思います。」って...

率直におかしいと思った。

会場からは帰れ!!のような声も。
そうだ!!と私も自然と言葉を発していました。
安倍首相の
発言と政策がこれだけ矛盾していれば
ウチナーンチュの方々の不満と講義は当たり前。

戦争法案は戦争への道が開かれてしまう。

私達が過ごしている当たり前の毎日が
先の大戦で亡くなられた
たくさんの生命の上に成り立っていることを
心に刻み、生きたくても生きられなかった
沢山の生命を一瞬たりとも
疎かにしたくはない。

絶対に止める。
戦争はただの人殺し。





さて、明日はゲネプロです。
爪に、というか体に
内出血が初めて出来たので
良い感じです。

いつの間にかよく分からない
傷があるのはO型の証のようなもので
それを良い兆しと前向きに捉えられるのも
O型として生まれて誇れるところでは。と感じています。

というわけで
6月公演まで、あと[ 5日 ]
となりました。.*
詳しくは...
http://www.idol-japan-records.net/schedule/index.html





では。
読んで下さり有難うございます。.*
お休みなさい♪
posted by 制服向上委員会 at 21:55| Comment(26) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。