王冠(金)SKIファミリーのライブ&最新情報をお届け致します♪

2009年01月04日

美香&沙織の「IJR 冬・特」インタビュー〜1 SKiのここが楽しい

現在、アイドル・ジャパン・レコードでは「冬の特別オーディション」を開催中です。
応募資格は13〜18歳の、歌とダンスが好きな女の子
その他、募集の詳細は<リンク:http://www.oricon.co.jp/publications/p-deview.html>月刊デ☆ビュー2月号に掲載中です。

今回、オーディション開催にあたって、メンバーの橋本美香(右)と木田沙織(左)が、
SKiファミリーについて、オーディションについて語ります。



アイドル・ジャパン・レコード(以下IJR)は、アイドルグループ・制服向上委員会から発展したSKiファミリーを中心にマネージメントしている会社です。二人ともSKiファミリーの中心メンバーとして活躍中ですが、SKiの活動をやっていて特に楽しさ、やりがいを感じる点は?

沙織「やはり一番はライヴですね。SKiはライヴの回数が多いのが特徴で、毎月のようにライヴを開催しています」

美香「今はアイドルでもライヴをなかなかできないと思うので、そういう意味で恵まれた環境だと思います。
ひとつのライブが終わって、また次のことを考えられるというのは幸せなことです。今回の反省を生かして、
次はこういうことをやりたいとか考えたりして…」

沙織「実践の場を経験しながら成長していけるのがうれしいですね」

毎月のようにライヴがあると、その準備がなかなか大変ですね。

美香「そうですね。長い時間をかけて一つのものを作り上げていくのも一つの形ですが、
私達はすばやく覚えて、身につけて、それを発表していきます。
毎月の企画のなかでどんどん新しいことを身につけていかなければならないので大変ですが、それを続けていくと力になると思います」

沙織「限られた時間でどれだけいいものを見せられるかが大事ですね。それで自分をどんどん高めていけます」

そのためには、どんな力が必要なんでしょう?

美香「集中力と、ライヴやイベントの企画の内容を見てどこがポイントかを瞬時に判断する力などでしょうか」

またSKiではコンスタントにCDもリリースしています。今はアイドルのCDが売れないなんて言われていて、
リリースするのもなかなか時代ですが…。


美香「はい。IJRは自社レーベルを持っているので、フットワークよくCDをリリースすることができるのもいいところです」

沙織「また最近はメンバーが映画を製作したりもして、
歌やダンスだけではなく、メンバーの個性や志向に合わせて、いろんな方向で活躍する場を用意してもらえます」

第2回につづく。次回はオーディションの審査内容やレッスンについてお送りします。


ライヴはSKiの中心になる活動です。写真は12月に行われたコンサートより。




posted by 制服向上委員会 at 10:10| Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お〜、激動のアイドル業界を十余年も生き抜いてきたミカちーと、サオサオならではのアドバイスですね〜!(^_^)v

SKiは、歌やダンスだけでなく、作詞・作曲、文章、撮影(by リリか監督(^^))、そしてボランティア活動にと、多様な活動の中で自分に合った方向に才能を伸ばせ、また人間的成長もできる、稀有なグループですよね(*^o^*)
Posted by 雪中庵 at 2008年12月30日 12:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。