王冠(金)SKIファミリーのライブ&最新情報をお届け致します♪

2015年08月01日

同じ星に生まれても 違う人生を歩む


こんばんは、齋藤優里彩です。

壁ドンならぬ耳ブン。

耳のすぐ近くを蚊が...
これも「夏だから」
という理由だけで
少し許せる気がします。

でも、なかなか涼を得るのは難しい。
やはり、内から涼しくなるために
怪談話を身体が欲しているこの頃です。

一つ、先日の体験談をお話します。
暫しお付き合い下さい。

鏡に向けて
自分史上最高の表情をしている時に
何気なく自分の背後に視線を向けると
ばっちり、どなたかに見られている。

ぞぞぞ...

半透明な方だったら
まだ良かったかも...

痒いふりが、おすすめです。





本日から8月が始まりましたね(*^^*)

先月も
新しい出逢い、様々なことに挑戦する機会を頂き
初心に戻り、今の自分を振り返る
貴重な一ヶ月となりました。
それも温かい応援を下さった方が
いらっしゃったからこそです。
本当に有難うございました。.*

今月も宜しくお願い致します。

そして、本日は祖母の誕生日。
82歳。
「2歳だ、ばぶばぶ」と言っていました。
「ライブはいつ?」
「アイドルは大変かい?」と、よく聞いてきます。
大声で。もの凄く大声で。
エアコンの温度設定は
「3°C」を希望していました。

「あんた達のライブが生き甲斐だよ」
と、言いながら
氷川きよしさんの写真集を抱きしめながら
「きよしちゃーん、あなたが生き甲斐」
と、言うけど
少し立っているだけでも震える足を
「大丈夫!大丈夫!」
と、言いながら
ライブには必ず来てくれて
私が読んでいた本が
たまたま祖母の読みたい本と同じで
貸すよと言うと
「感想文書きあおう!」
と、64年の時の差を木っ端微塵にすることを
当たり前な顔で言ってくれて
「あと二年経ったらお酒、一緒に飲めるね」
と、しつこいくらい言ってくれて
電話をすれば
「頑張れ」じゃなく、絶対
「無理するな」って言ってくれる。

そんな、自慢の祖母の誕生日です。

いつか3°Cに設定できるエアコン
プレゼントするからね。待っててね。





では
「制服向上委員会 歌詞deタイトル」
始めます。.*

私は制服向上委員会の歌詞を
ブログのタイトルにしています。
前日のタイトルを次の日に
答え合わせと題して
「制服向上委員会の
1500曲近くあるレパートリー」
という、言葉の中身を奥深く深く…
お伝えしたい♪
そんなコーナーです。

昨日のタイトルは
「嘘でいいから いつか会おうと言って」
正解は
《うさぎさんの恋物語》。

何度聞いても可愛い曲。
美人は三日で飽きないかもしれない。

では「答え合わせ」が
まだだったもの(*´ω`*)

7月13日のタイトルから
「あらゆる真実を隠す」
正解は
《原発さえなければ》。

原発は危険。
もっと危険なのは
危険な人達が危険なものを
安全と言っていること。

7月14日タイトルは
「願いごとひとつ高くなげてみよ♪」
正解は
《子供じゃないの》。

迷うことを恐れなくていい。
そんな愚直過ぎて恥ずかしいことを
堂々と言えるようになる。

7月15日のタイトルは
「素直に「はい」とどうして言えないの」
正解は
《正義の味方!寿隊》。

幼いの頃の大き過ぎる夢とか
素朴な疑問とか
いつのまにか捨てていたもの
それに真正面から向き合う。
本物のかっこいいがここにある!

7月17日のタイトルは
「いつまでも変わらない...」
正解は
《わが心の双葉》。

加須に避難されていた
福島県の双葉町の方との出逢いの中で
感じたことを歌にしたもの。

歌やお話
ささやかなプレゼントをお渡ししたり。
少しでも、何かの力になればいいと。
でも、いつも
笑顔とパワーを頂くのは私達の方で。

自分の暮らしていた場所への愛
明日へのパワー。
どの方の目も輝いていました。

帰りたいのに帰れない。
これがどれだけ辛いことなのか。
家があるとは
どんなに幸せなのか。
汚染度は未だ高いのに
お金を渡し、返そうとする政府。
日本の見栄のために
日本に暮らす方の命は無視ですか?

政府への怒りと、福島県への愛を込めて
この曲を歌います。





では。
読んで下さり有難うございました。
また明日。.*


posted by 制服向上委員会 at 22:30| Comment(6) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 替え歌で悪口を曲にしたらダメです、ユリンヌにいいますけど、この件で私は、ノブノブさんとふーちゃんに凄く怒られました、ユリンヌ、ノブノブさんとふーちゃん、エクジットなどを怒らせないで、怒らせると私が怒られるハメであります、別に落ち込ませることしてません、していると言ってたらあなたもハメになってしまいます。
Posted by 深山 崇 at 2015年08月04日 21:44
あなたの感受性
あなたの違和感

それはあなたを真実へ導くパートナーのよう
あなたの発信は私達も導きますね

あなたのおばあちゃんも強力な力で応援してくれているのですね
良い人たちに見守られていますね

それを既に感じ続けているのですね

どうかその感受性を大事に
その感受性を失わないために
今のように語り続けてね

継続は大きな力
あなた方の力に
自信を持っていてね
これからも
真の愛の言葉を聞かせてね

とても心地良いから

Posted by ハートパワーで頑張って! at 2015年08月02日 22:36
姫、年齢の垣根を超えた結びつきは何事にも代え難いと思います!世代を問わずに共感できることがあるのはいいですね!読みたい本が一致するのはお互いセンスが共通するからだと思います!めっちゃ暑いですがなんとか乗り切っていきましょう!姫、ファイトです!
Posted by 名もなきファン at 2015年08月02日 11:07
♪優里彩ちゃん☆ おはよう(^^)

一人だけの時にお風呂に入っていて、鏡を見ると髪の長い女性が見えたり、髪の毛を洗っていると後ろに誰かがいるように感じることはありませんか?

それとは少し違いますが…、
もうすぐ旧盆、ご先祖様が家に戻ってくると言われています。
僕は父母を亡くしているので帰ってきて見守っていてくれるかも知れません!
その時は、怖がらずに話せれば良いのだけれど…。

おばあちゃんは82歳になられたのですか?
おめでとうございます!
お孫さんの活躍と、きよしさんを応援できるパワー。
しかも本を読み感想文を書こうとする思考力も若い人には負けていませんね!
「2歳だ、ばぶばぶ」と言っていたそうですが、還暦で歳が戻ると、82歳なら22歳。
女性なら一番のモテ期ではないですか?
「素敵な人生(二度目のの青春)をエンジョイして下さい!」
と、おばちゃんに伝えて下さい!

3℃のエアコンは家庭用にはないけれど、大きいスーパーとか冷蔵倉庫には低温室があるので、断熱効果がしっかりした部屋に強力な冷凍機と低温タイプの冷媒ガスに替えれば可能だと思います。
でも、3℃は寒すぎるのではないかな?
深い洞窟(風穴や氷穴等)では外気温の年間平均±数℃になるので、深いところに安全な地下室を作ると少しは過ごしやすいかも知れませんね!(そちらの方が大変かな?)

それでは、またね(*^^*)
Posted by 知空 at 2015年08月02日 10:23
ゆりあんぬ おはよ

いよいよ8月だね
昨日はインストアイベント2ヶ所3部
からのオールナイト
久しぶりに朝帰り(^^;
3時間で起きちゃったので
フラフラの爺ですww

昨日はお婆ちゃんのお誕生日だったんだね
おめでとうございます
ライブが生きがいなんて嬉しいね
素敵なお婆ちゃんお元気で

今日はもう少し寝てまだ
お台場までイベント
行ってきますね

それではまたね バイバ〜イ 
Posted by H.た〜やん at 2015年08月02日 10:14
やあ、おはよう、ゆりあんぬ!

7月もひと月、お疲れさま。
先月に続き、ツアーに政治系イベント、
各種メディアの取材に記者会見まで、
盛りだくさんの1ヶ月だったね。
このひと月でゆりあんぬが
大きく変わったと思うのが、
自分の想いを語ることが増えたこと。
日々、いろんなことを学んで吸収して。
急激に立派に成長したなあ…って
しみじみ実感した7月でした。

鏡に向かう“うしろの正面”、
実は、爪切りお化けだったりして(笑)

そして、おばあさんも
お誕生日おめでとうございます。
いつまでもお茶目でかわいいおばあさんだよね。
いつまでも若いのは、
“アイドル”氷川きよしさんのお陰だね(^^)。
そして、最後の一文。
ゆりあんぬの優しさが垣間見えて、泣けました。

今日の歌詞は、またも思い出せず。
代わりに、
答え合わせでまだコメントしてなかった
「わが心のふたば」を。
何もなければ今まで通りに
豊かに穏やかに暮らせていた。
でも。
あの日からすべてが変わって。
無くして改めて思う、
故郷の大切さ、平穏な生活の有難さ。
形だけの帰還、復旧ではなく、
本当の復興を。
早くみんなに、
以前の“当たり前の穏やかな生活”が
戻るといいよね。
以下、少々苦言。
せっかくの想いがつまった曲なのに、
惜しむらくは歌詞が。
海があって山があって豊かな自然に恵まれて…
みたいな
一般論的・普遍的な言葉の羅列だけではなく、
阿武隈の山並とか、だるま市の賑わいとか、
具体的な単語を織り込んで、
もう少し双葉町らしさが出せれば。
せっかく何回も旧・騎西高校まで通って、
地元の方の生のお話を聞ける機会が
あれだけあったのに。
アレンジを後から変えてるだけに、
その時に歌詞も“ご当地ソング”にしてれば、
名実ともに“心の双葉”になったんじゃ
…って思うのは、僕だけ?

ではでは、また〜。
Posted by PPP at 2015年08月02日 09:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。